あさって農園工房から山の一家 葉根舎へ
森とよりそう 日々の暮らしと作品
http://risakooomori.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


かんながら

「かむ(神)ながら」

かむ(神) は われ(我)

われが全てと織りなすままに



かんながらの稽古

和の花を入れる

山野草、季節の花、道端の草、

その時々 相応しい花器に和の花を入れます



お手本の用意は無く、取り決めもない



ただ

花の時間に習い

花の記憶に触れるように

水を用意し、坐して、手に取って、言葉をなくして

風が通るように入れてゆきます





そして、お茶一服・・・

「平点前」だけの簡素なお茶ですが

花入れの後の一服を美味しくいただけるよう、釜をかけます

塵を払い 花を入れて お菓子を盛り お茶を点てる

ただそこに佇めば「たしなみ」が育つ・・・

お茶には不思議な力があるようです



と、おっしゃられるのは、神戸にて「かんながら」を開かれる、黒坂しのぶ先生。


御縁は7年くらい前だろうか、田植えや稲刈りの体験に来られてから…
検診を受けずに、家で3人目を産もうとする私のおなかに愉気をしてくれたり…
昨年は、和の花会を我が家で開いてくださったり…


しかし、その瞬間の身体を生ききる先生は遠出が難しくなったとのことで、神戸へ和の花会の仲間と共に行ってきました。


11月23日「かんながら15歳会」


先生がずっと練り続けておられる「かんながら」という場はやはり、そこに向き合うだけで身体が変わるようでした。
場に向き合うとともに、自分の体とも向き合える。


帰ってきて、長距離の車が苦手なはずなのに、とても身体が落ち着いていて驚きました。
自宅の畳に坐し、腕や足、同、首などが収まるところに収まっているよう…。


毎回、驚きいっぱいの先生のお稽古。
こんなに素敵な椿が迎えてくれていました。

IMG_5912.jpg
 
スポンサーサイト

risako**

Author:risako**
兵庫県の山で、森によりそう暮らしています。
手作りの家、薪燃料のかまどに五右衛門風呂、3人の息子の子育て、夫が田畑・石窯天然酵母パン・養蜂・木工・山仕事をし、私が野草の絵・野草料理・草木染の衣、草木のエキスなどを作っています。
大地、山、草木と共に唄うような日々・・・
「あさって農園工房」から「山の一家 葉根舎」へ屋号が変わりました。

未分類 (2)
作品 (6)
暮らし (16)
野草料理教室 (9)
個展 (6)
子ども (1)
あさっての商品たち (7)
出店 (8)
和の花会 (1)
そらたね会 (1)
お話会 (1)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 あさって農園工房から山の一家 葉根舎へ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。