あさって農園工房から山の一家 葉根舎へ
森とよりそう 日々の暮らしと作品
http://risakooomori.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
標高400メートルの我が家、日陰にはまだ雪が残りますが、だいぶ解けて、鶯もくすぐったい声で歌い始め、すごしやすい春となってきました☆

冬の間は山仕事中心だったげんさんも、やっと大工仕事を始めてくれました!

IMG_0150.jpg

IMG_0152.jpg

こうしてゆっくりだんだんと、住み心地の良い我が家になっていきます。
でも、住む所って作るだけじゃなくて、「場」そのものを育てていくことがとっても大切なことだなあ、って思います。
心をこめて過ごすことで、大地は確実に答えてくれます。
この土地に住み始めてやっと12年。
やっと何か通じるものが生まれ始めたように感じます。

これからもゆっくりこの土地と共に育って生きたい。
この土地にずっと住み続けていく、という当たり前のようなことが、あたりまえでなくなってしまった今、改めてこの土地にいられることに感謝でいっぱいになります。
それと共に、それができなくなってしまった人々のことを思います。

2月に出版された、鎌田遵さんの「辺境の誇りーアメリカ先住民と日本人」ぜひ皆さんに読んでもらいたいです。
人々の大地とのつながり、祈り、たくさんの思いを感じます。
ちなみに我が家、大森家のインタビューも載っていますよ。





 
うちの子供たちのお仕事、普通の家庭よりも多いかな?
五右衛門風呂炊き、こたつの豆炭いこして入れること、お皿洗い、洗濯物たたみ、季節ごとの農作業のやれるところをお手伝い…など、その日によってやったりやらなかったりですが。
それと、薪運び。
かまどやストーブで「ちょっと薪とってきて~」という少量の薪運びから、割った薪を薪小屋に大量に積む薪運び、そして今日は、薪小屋から玄関にストーブ用の薪を移動。

IMG_6077.jpg

つくしとすぎな、協力して一輪車で何回も運びます。
薪運びは子供たちが好きなお手伝いみたいです。
かやはまわりをふ~らふら、お仕事が終わって遊んでくれるのを待っているみたい。

IMG_6075.jpg

助かるよ~ありがとう。
 
雪が降ったらのんびりできる…と冬に入る前はいつも思うのですが、冬は冬でなんだかんだとやっぱりやることがあります。
その一つがお漬物!
漬けてしまえば、毎日のお料理が少し楽になるのでしっかりつけます。

しっかり寒空に干したダイコンはたくあんに!

IMG_6070.jpg

糠、五島列島の満月のお塩、鷹の爪、柿の皮、昆布で。

IMG_6072.jpg

最後に大根の葉っぱで蓋をします。
この葉っぱもおいしくなります!
しっかり干して濃いめのお塩で、春の野菜がない時期のために保存するのです。

IMG_6073.jpg


おつぎは白菜漬け。
うちの子供たちは白菜が大好き!
ゆず、鷹の爪、昆布、五島列島のお塩で。

IMG_6081.jpg


そしてそして、待望のキムチ☆

IMG_6082.jpg

あみの塩辛と唐辛子は友人と共同購入して、長野の友人の無農薬のリンゴ、しょうが、にんにく、米粉で、白菜、大根、ニンジン、葱を漬け込みます。
10歳のつくしと4歳のかやは辛くて食べられませんが、7歳のすぎなはキムチが好きで楽しみにしています。
子供が楽しみにしていると、頑張ってしまうものですね。
でも、すぎなはワサビや辛子も結構好き…酒のみになるのかな…!?

ほとんど畑で採れたもので漬けることができて、ありがたいなあ、としみじみ思いながら漬けています。
後は、粕漬けにするダイコンやニンジンたちを切って、ストーブのあたりに干さなくては!




 
今年は無農薬、無肥料で生姜がたくさん採れました!

お客さまにもたくさんお分けしましたが、まだある生姜たち。
年が明けるころにはいたんできてしまうので、(何かいい保存方法を知っていたら教えてください!もみ殻に入れて保存しているのですが…)すりおろして醤油つけにします!

IMG_6067.jpg

子供たちがやりたい!といって、しょうがすりまくり!!
ひとりでやると大変なので、とっても助かりました。
すぐ飽きると思ったら…もっともっとと、いっぱい!!
次の日もまたやりたい、と言っていました。

IMG_6033.jpg

次ににんにくを剥きます。
にんにくのすりおろしも一緒につけると、おいしい!
4歳のかやはにんにく剥きが大好き、すごい量をもくもくと剥いてくれました。

IMG_6034.jpg

お兄ちゃんのつくしも☆

このにんにくしょうがのすりおろし醤油、お肉やみりん、お出汁を入れなくても、お野菜と炒めたり、煮込んだりするだけで、とっても深い味わいになります!

よかったら試してみてください☆



 
2015年、皆様良いお年をお迎えでしょうか。

年末は良いお天気が続きましたが、年明けとともに雪の日々!
美しいけれど、皆様どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

そして、またまた日が空いてしまいましたね。
ゆずポン作りやお餅つきなど、載せたいことはいろいろあったのですが、さすがは師走。
忙しく、時が過ぎ去ってしまいました。

雪の下になってしまう前に野菜たち(ハクサイ、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、ヤーコンなどなど)を収穫し、保存したり、白菜つけや沢庵を仕込んだり、雪にぬれないよう家周りを片づけ、お正月の準備…作品の締め切りもありつつ、あっという間でした。

そうそう、念願の神棚がやっとできました!

IMG_5998.jpg

より日々の感謝と共に過ごせる年にしたいです。
パプアニューギニアから来た神様も一緒に。
しめ縄はおとなりのまるかく工房さんに教えてもらって作りました!


IMG_5999.jpg

そして、雪!!
12月は少なかったので外仕事ができて、助かりました。
ですがもう、こんななので雪かきの日々。
といっても、私が家事と絵の制作をしている間にやさしい旦那さまとかわいい子供たちがかいてくれるのです!


IMG_6010.jpg

仕事をしている時が一番かっこいい♡


IMG_6020.jpg

家からアトリエまでの道をいつも進んで雪かきをしてくれる長男のつくし、10歳!
「アトリエに行けるようになったよ!」
と、私がアトリエに行く時間までにかいてくれる優しい子。


IMG_6015.jpg

次男のすぎな7歳は三男のかや4歳がソリで滑れるよう、雪かき!
頼もしいお兄ちゃんだね。


IMG_6021.jpg

お父さんと屋根の雪下ろしするのはすぎな。
すぎなはお父さんが大好き、気が合うみたいです。
いろいろとそっくりだからかな??


IMG_6022.jpg

そして雪かきがすむと、待ちに待ったソリ滑り!!
一生懸命雪かきをしたのはこの滑り台を作るためだった!?
まーっ暗になるまで滑り、時には身体ごと転がって思いっきり遊びます。
寒いのにすごいなあ。さすがは風の子、大人は火の子♪


IMG_6027.jpg

今日も美しい夕暮れを頂いて、子供たちが炊いてくれた五右衛門風呂で温まります。
夕飯は薪ストーブの上に、午前中のうちに仕込んでおいた煮込み料理。

そしてみんなでぐっすり~
と行きたいところですが、子供とだんなさまが眠ったら、ちょっと寒いアトリエでもうひと描き!
というのが、あさって農園の冬の日々です。





 

risako**

Author:risako**
兵庫県の山で、森によりそう暮らしています。
手作りの家、薪燃料のかまどに五右衛門風呂、3人の息子の子育て、夫が田畑・石窯天然酵母パン・養蜂・木工・山仕事をし、私が野草の絵・野草料理・草木染の衣、草木のエキスなどを作っています。
大地、山、草木と共に唄うような日々・・・
「あさって農園工房」から「山の一家 葉根舎」へ屋号が変わりました。

未分類 (2)
作品 (6)
暮らし (16)
野草料理教室 (9)
個展 (6)
子ども (1)
あさっての商品たち (7)
出店 (8)
和の花会 (1)
そらたね会 (1)
お話会 (1)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 あさって農園工房から山の一家 葉根舎へ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。